BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

写真 カメラ レンズ

Sony α7III に SAMYANG 35mm/F2.8 をつけて試し撮り

投稿日:2019年1月14日 更新日:

α7III + SAMYANG 35mm 試し撮り

外出できる程度に風邪もよくなったので正月に買った Sony α7III に SAMYANG 35mm/F2.8 をつけて近所で試し撮りしてきました。

仕事始めになってすぐに風邪でダウンしてたので、購入してから外に持ち出すのは初めてです。

近所すぎてフォトジェニックなものが何もないのですが、部屋の中でシャッターを切って遊ぶのとはやっぱり違いますね。

今まではミラーレスといえば EOS M5 だったのですが、使い勝手の違いなどをひしひしと感じながら試し撮りをしてきました。その感想をば。

ちなみにここにアップした写真はjpg撮って出しでリサイズのみ、色補正はしていません。

α7III は写真を撮るのをまた楽しくしてくれそう

とりあえず、思ったような画がさっぱり撮れなかったのですが、α7III は写真をまた楽しくしてくれそうな気がします。

この感覚は、RICOH GR を使い始めた時と似ているかも。

α7III + SAMYANG 35mm 試し撮り

Sony α7III と SAMYANG 35mm/F2.8 の組み合わせだとフィルムライクな写りをするなぁという印象を受けました。

今回はお散歩カメラ的な使い方でしたが、今度はちゃんとしたレンズでしっかり撮ってみたい。

α7III + SAMYANG 35mm 試し撮り

今は、パソコンのモニタで見るまでどんな画が撮れたのかわからないのですが、頭の中でイメージした画が撮れるようになるとめちゃくちゃ楽しいですよね。

その攻略がが今から始まるのかというワクワク感があります。

戸惑いつつワクワク感を感じたのはこんなことです。

EVFと背面液晶、パソコンでの色味が自分の中でまだリンクしない

α7III + SAMYANG 35mm 試し撮り

これは慣れの問題ですが、EVFと背面液晶、パソコンで表示した時の色味の違いを感覚としてつかめていないんですよね。

背面液晶は赤みが強く感じられるのですが、パソコンで見るとそうでもないかなと。

EOS M5 はそのあたりが補正されすぎじゃないかというくらいリンクしているので、ここがα7IIIを使っていて大きな違いを感じた部分です。

最終的にはLightroomやPhotoshopで補正をすることにはなるんだけど、撮っている時にイメージした通りに撮れているかどうかは大事ですしね。

EVFのホワイトバランスを調整する機能もあるんだけど、とりあえずはバシバシ撮ってなれるしかないかな。

ピント合わせ

ミラーレスでは EOS M5 の「タッチ&ドラッグAF」でのピント合わせが癖になってしまっているのですが、α7IIIのフォーカス枠はレバーで広範囲に動くので、それはそれでいい感じです。

ただ、、、

フォーカスの枠が見にくい!黒い枠なので一瞬どこにあるかわからないんですよ…

EOS M5 はフォーカス枠が白なので見失うことがなかったのですが、α7IIIの黒い枠はかなりの確率で見失ってしまいました。

あと、今日使ってみて「お?」と思ったのは、こんな写真の時にピントがなかなか合わなかったということ。

α7III + SAMYANG 35mm 試し撮り

思わずシャッター切っちゃったのでピントが合ってない写真ですが、のっぺりしているわけでもないし、影とシャッターの明暗差があるところにターゲット枠を持っていってもピントが合わず。

なんでだろう。

これは後日もう一度試してみます。

SAMYANG 35mm/F2.8 はというと…

正直、最初の一本目はSAMYANGじゃなかったかな(笑)。

写りとしては面白いんだけど、新しいカメラの最初の一本じゃなかなった。

どのレンズを買うかはまだ悩んでいるところなので、それまでのつなぎとして買ったのですが、チープなレンズなので、カメラの性能や特徴がよくわからないという…。これは失敗したなと思っています。

α7III + SAMYANG 35mm 試し撮り

絞った時にどんな感じの光芒が出るのかなと思って絞って撮ったのがこのカット。

いやぁ、トイカメラ風のなかなかのフレア具合ですな。

α7III + SAMYANG 35mm 試し撮り

これも光芒狙い。

35mmという画角の使いやすさもありシチュエーションと被写体によっては、かなり遊べるレンズだなぁと思います。

気に入ってはいるのですが遊び心あふれるレンズだなぁという印象なので、早く常用のしっかりしたレンズを手に入れねばという気になりました。

Sony α7III と SAMYANG 35mm/F2.8 の試し撮りのまとめ

設定はおろか操作すらおぼつかないところもありますが、実際に屋外で撮ってみると面白いカメラとレンズだなぁというのが率直な感想です。

当然ながらキヤノンとはまた違った画づくりなので、併用しながら楽しみたいと思います。

カメラによって特徴も操作系も違うので、そこはもう慣れるしかないのですが、何はともあれEVFと背面液晶、PCでの色味の違いを体で覚えることですね。

カメラの性能もさることながら、やっぱりレンズ選びは重要。常用レンズを早く決めねば。

追記:Sony α7III と SAMYANG 35mm で夕方の街を撮影してきました

α7iii と SAMYANG 35mm F2.8
α7III と SAMYANG 35mm で夕方の街を撮る【作例あり】

渋谷での打ち合わせの帰り道、α7IIIとSAMYANG35mmで夕方の街を撮ってきました。 買ったばかりの85mmも試したくて持っていたんだけど、街を撮るにはやっぱり35mmが使いやすいですね。結局す ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-写真, カメラ, レンズ
-,

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.