BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

ブログ

WordPressのランディングページのテーマはColorfulが圧倒的におすすめ。

投稿日:2016年7月25日 更新日:

colorful(カラフル)

今回はColorful(カラフル)というWordPressで使えるLP作成のためのテーマをご紹介します。

僕はLP(ランディングページ)を作ることがあるのですが、Colorfulを使うようになってめちゃくちゃ生産性が上がりました。

LPを自分で作りたいけれど難しそうだなと思っている方には、ぜひ試して頂きたいです。

LPづくりの敷居の高さ

LPづくりは2つのパートは主に二つのパートに分かれています。

  • ライティング
  • ページ制作

ライティングとは文字どおり原稿を書くことですね。商品やサービスの魅力を伝えて申し込みや購入へと導くための文章を書くこと。

一方のページ制作とは、ライティングで作成した原稿をもとに、デザイン要素を加えたりしながら1枚ペラのWEBページへと落とし込んでいくことですね。

落とし込んでいくとは、文字のサイズや色を変えたり、写真を入れたり、罫線で囲ったり、チェックマークをつけたりしながら、人の目に留まりやすくしたり、わかりやすくしたりするための視覚効果をつけていく作業です。

ライティングはともかく、ページ制作についてはWEB制作の領域なので敷居が高いというのが実情です。長くWEB業界で仕事をしてきた僕でさえもページを作ることが「面倒臭い」と思ってしまうくらいですから…。

制作に関しては外注してもいいとは思いますけど、完全な先行投資になりますし、しっかりとしたものを作ってもらうとなるとそこそこの費用がかかることを覚悟する必要があります。

だから、潤沢な予算がない限りは自分で作らざるを得ない…というのがリアルなところじゃないかなと思います。

LPは素早く立ち上げて運用に注力する

僕がLPづくりで感じる面倒くささには二つあります。

一つは、立ち上げ時のデザイン制作そのものの面倒くささ。デザインをしてパーツを作ってHTMLという言語を使ってページを組み立てていきます。単純にこの作業には手数と時間がかかります。

もう一つは、運用の面倒くささ。LPを作ったら効果測定をしながら文章やデザインを最適化をしていくことになるのですが、この修正や変更が結構面倒だったりもします。

当たり前のことですが、LPを作ることが目的ではありません。まずはとにかくスピーディーに立ち上げたい。その上で効果測定をしながらチューニングをして精度を上げることに注力したいんです。

にもかかわらず、実際には作るのには時間がかかるし、運用の中で修正や変更をするのも結構手間がかかってなかなか思うように進まないんですよね…。

こうした悩みを解消してくれたのが、Colorful(カラフル)というWordPressで使えるLPテンプレートなのです。

「カラフル」は、パズル感覚、ワンタッチでヘッダーや見出し、フォームなどを配置でき、さらにFTPなどにアップロードすることすらなく、ブログ感覚で公開することができるため、なんと!最短3分でLPが作れるのです。

さらに、カウントダウン機能やホバーウィンドウ機能をはじめする成約率を上げるための25種類以上の機能を兼ね備えています。

まさに、LPテンプレートの決定版といっても過言ではありません。

Colorful紹介テキストより

ここに書いてあるようにワンタッチでヘッダーや見出し、チェックマーク付きのリストが作れるのはものすごく便利です。

最短3分というのは言い過ぎかとは思いますけど(僕が言っている訳ではありません笑)、LPのページ制作にかかる時間を相当圧縮できます。それくらいの勢いで作れるというのはあながち間違ってないとは思います。

colorfulのボタン

こんな感じにパーツを選択することでLPを作っていける

原稿があれば、デザインやHTMLの知識がなくてもコピペしながらサクサクとLPが作れます。テンプレートとは言いつつもアイディア次第で自分らしいデザインに仕上げることができます。スマホに対応したページを作ることもできますしね。

また、制作の知識や技術も持ち合わせているならば、機能を組み合わせながらさらにオリジナリティが感じられるLPを作ることが可能です。

どれくらいスピード感をもって取り組めるかが勝負

今のところ、僕はLPづくりは全てColorfulを使っています。パッケージ化されたテンプレートなので、そこにはある程度の制約があるのは確かですが、それを補って余りあるメリットがあります。

それはスピード感です。

立ち上げにかかる時間の短縮はもちろんのこと、広告と組み合わせて使う場合には、ある一定の期間で成果を上げなければならないので、簡単にチューニングができるのはとにかく大きいですね。

限りある時間の中で成果を出すために何に力を入れるべきかって考えたら、こういった商品を積極的に活用していくのは必須なんじゃないかなぁと思います。

これは楽をして儲けるということではなく、時間をかけるべきところにかけられるための工夫です。

もっと詳しく機能を紹介したいところですが、公式ページには勝てそうもないのでリンクでお茶を濁します(笑)。

Colorful公式ページへ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-ブログ

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.