Macintosh

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラムを発表

2018年6月23日

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム

Appleが MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム を発表しました。

キーボードの不具合とは、下記のような現象を指します。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

僕のMacBook Proは一つ目と二つ目の現象が起きているのですが、埃の混入説もあったので、だましだまし使っていたのですが、やっぱり不具合があったんだ…という感じです。残念です。

修理プログラムの対象モデル

対象となる機種は、下記のとおり。

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)

僕の持っているMacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)とMacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)も対象ですね…。

不具合があるならすぐにでも直して欲しいところですが、例によって修理のプロセスが超絶面倒臭いんですよね。

AppleストアかAppleの正規プロバイダ、もしくはAppleリペアセンターによる配送修理が必要です。

かつ、実機検査が行われるんですよね。

なお、修理開始前に Apple にて実機検査を行い、お客様の MacBook または MacBook Pro が本プログラムの適用対象かどうかを検証させていただきますので、あらかじめご了承ください。

まぁ、、、当然といえば当然なんだけど、持ち込んで手続きするのにも時間がかかるし、預かりになって戻ってくるまでも時間がかかりそうですよね。その場で直してくれるならいいんだけど。確実に修理になるかどうかもわからないし。

普段使いをしているマシンを2台同時に預けるのもなぁ…と思いつつ、2回持ち込みをするのも面倒臭い。

Appleストアへの持ち込み修理の苦い記憶が蘇る…

数年前にMacBook Proの液晶に不具合があって修理をしてもらったことがあります。

液晶が交換になったのはいいんだけど、開閉の時にパネルがきしむようになって戻ってきたので再びAppleストアに持ち込むも、「修理により発生した不具合とは認められない」という何とも納得のいかない対応にあったことがあるんです。

その記憶があるので、持ち込み修理は面倒だし他の不具合が起きたらやだなぁなんて思っちゃうんですよね…。

とはいえ、キーボード問題は解消しないと話にならないので、とりあえずは、2台とも持ち込んでプログラムを申し込んでみようと思います。

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム の詳細についてはオフィシャルサイトを確認してください。

キーボードもそうなんだけど、モニタの乱れも起きていて、こっちも気になってしょうがないんですよね…。

MacBook Pro 2017のモニタが乱れる
MacBook Pro 2017 13インチモデルのモニタが乱れる不具合が発生…

最近、MacBook Pro 2017のモニタが乱れることがあるんですよねぇ。「以前から」ではなく「最近」なんです。 なぜ、今まで起きていなかった不具合が起きるようになったのか謎です。 以前は使い終わ ...

続きを見る

MacBook Proのキーボードを実際に修理してもらってきました

プログラムの発表から2ヶ月もたってしまいましたが、実際に修理してもらってきました。その際の記事はこちらです。

MacBook Proのキーボードを修理
MacBook Pro 2017のキーボードを修理に出したらトップケースが交換になって戻ってきた

MacBook Proのキーボードを修理を依頼した結果、トップケースが交換になって戻ってきました。 キー入力の際のガマンしがたい不具合が解消し、さらにはキーボードばかりかトップケースまで交換になったこ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。

-Macintosh

© 2021 BridgeBook.JP