BridgeBook.JP

働き方と生き方に思いを巡らせながら「モノ」と「コト」を楽しむ日々

Gmail WEBサービス Google

Macの「メール」で Gmailを使うとなぜか下書きが残ってしまう問題を解消する方法

更新日:

IMAPクライアントの推奨設定

僕はGmailを使うのにブラウザとMacのメールクライアント「メール」を併用しています。iCloudや他のプロバイダのメールも受信しているので、一元管理するにはメールクライアントが便利なんですよね。

ただ、Macの「メール」でGmailのアカウントのメールを書いている時に起きる、意味不明に下書きがたまっていく現象に悩んでいました。

メールを書いている途中にも下書きのバージョン違いがモリモリとたまっていくし(しかもリアルタイムに!)、メールを送信したあとも下書きに残っていたりするんですよね。煩わしいし気持ち悪い。

Macを使っている時はまだいいのですが、iPhoneでGmailを扱う時やWIndowsでメールをやりとりする時には、下書きがスレッドに残っていると邪魔でしょうがないんですよね。

今までは気がついた時に手で消していたのですが、それも面倒なので調べてみたらあっさり解決しました。

 

IMAP クライアントの推奨設定

探してみたらGmailのヘルプページの中に、IMAPクライアントの推奨設定というページがありました。

このページを見れば、Macのメール以外のクライアントでの推奨設定もわかりますね!ちなみに、iPhoneはすでに推奨設定になっていたので、自動的にセットされるのかな?(自分で設定した記憶がない)

Gmailヘルプ

ふむふむ…

って、肝心な下書きの設定についての推奨設定がないじゃないですか!

下書きメッセージをサーバに保存をオフにして解決!

というわけで、さらにグーグル先生に聞いてみたら、

下書きメッセージをサーバに保存 > オフ

という設定にすれば良いみたいですね。

チェックをオフにするだけだったのか…。

下書きメッセージをサーバに保存をオフにする

これで下書き問題は解決しました。

下書きが残っていると気持ち悪いばかりか、検索をかけた時に引っかかってきて邪魔なんですよね。かといって、今まで削除するのにもちょっとドキドキしていました。

と、ここで新たな悩みが生まれました…。

Gmailの下書き保存の悩ましさ。

当たり前のことですが、下書きをサーバに保存しないということは、「メール」で書きかけのメールを保存して、あとでブラウザで送ろうと思っても、そこには書きかけのメールはないということです。

つまり、Macの「メール」にしか保存されていないわけですね。これはIMAPを使っているのになぁと思うところではあるんですけどね…。

実際のところ、自宅のiMacでメールを書いている途中で外出や約束の時間が迫ってきたので、続きは出先で書こうなんてケースがよくあります。「メール」を使っているとそれができないのはちょっと痛いかなぁ。

と思ってテストしてみたらこんな感じでした。

「メール」とGmail(WEBメール)で下書きしてみると…

  • 「メールで下書き」→「メール」のみに下書き保存。Gmail(WEBメール)側には反映されない。
  • 「WEBメールで下書き」→Gmail(WEBメール)でも「メール」にも反映される。

メール(メールクライアント)での下書きはサーバに保存しない設定になっているので、下書きはローカルに保存される。当然、WEBメール側には反映されません。

Gmail(WEBメール)で下書きをするとサーバに保存されるので、メール(メールクライアント)はサーバから下書きを読み込みます。

まさに設定通り!

と思ったら、WEBメールで書いた下書きは、メールクライアントでは編集できない!

そうなんだ…。

iCloudだと下書きをサーバに保存しておけば、メールクライアントの下書きもWEBメールもいい感じで同期できて編集もできるんだけどなぁ。

Gmailでは同じことができない。Gmailはブラウザで使うのが間違いないってことですかねぇ。悩ましいな。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-Gmail, WEBサービス, Google

Copyright© BridgeBook.JP , 2018 All Rights Reserved.