BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

Macintosh

MacBook Pro 2017 13インチモデルを3ヶ月ちょっと使ったので再レビューしてみる

投稿日:2018年1月20日 更新日:

MacBook Pro 2017 13インチ

MacBook Pro 2017の13インチモデルを使い始めて3ヶ月ちょっと経ちました。

モバイルの環境としては、外出の目的や用途によってMacBook 2016、iPad Pro 10.5を使い分けているので、「帯に短し襷に長し」みたいなことがほとんどなく、どのアイテムも満足度はかなり高いです。

贅沢っちゃ贅沢な話なんですけど、ガジェット好きだから、こればかりはしょうがないですね。

今年もまたガジェット道を突き進みますが、とりあえず、MacBook Pro 2017 13インチモデルの感想などを書いてみようと思います。

作業時の体感値としての快適さなかなか。惜しいのはメモリが16GBまでなこと。

自宅では基本的にiMac Late2012の27インチモデルを使っているのですが、最近は家にいる時でも13インチのMacBook Proを使うことも増えてきました。

スペック的には15インチモデルの方がいいんですけど、13インチモデルでもグラフィックや映像編集などで使っても思っていたよりも快適です。画面を広く使って作業をしたい時には4Kモニタに出力をするので、画面サイズは問題なし。

が、一つだけ惜しいのがメモリを16GBまでしか積めないこと。

グラフィックや映像の作業ではメモリ喰いのアプリを複数起動しているので、メモリを解放しながら使っていても、遅い、重いなと感じることもしばしば。この辺はiMacが32GBのメモリを積んでいるので、体感値として結構はっきりと感じるところです。

なので、iMacはまだまだ現役です。

逆にそれ以外の作業では、ストレスを感じることはほとんどないので、本当にメモリが惜しい。

持ち運びも苦にならない。

先にMacBookを使っていたので、最初は「重い…」なんて思ったりもしましたが、すいません、甘えてました。

MacBook Pro Late2013の15インチを使っていた頃を思い出せばなんてことないです。っていうか軽いです。モニタサイズは違うけど。

13インチモデルを使ってみると、適度な重さと引き換えにスペックが与えてくれる安心感のバランスはいいかな〜と感じています。

もちろん、軽さだけならiPad Pro。MacならMacBookが最強です。

バッテリーのもちは結構いい。

MacBookで出かけける時には電源を持ち歩かないのですが、MacBook Proの時は一応持ち歩きます。

でも、今のところ、出先でバッテリーがアウトになったことはないです。

特に測定したわけではないんですけど、打ち合わせで持ち歩くレベルなら結構もつかなと思います。

USB Cのポートだけでも全く気にならない。

MacBookやMacBook Proは、USB Cポートがやり玉にあげられますが、僕は全然気にならないんですよね。

外出先でポートにあれこれ差して何かをするということがないからだと思うんですけど、使い始めてから今まで困ったことがない。

4つのポートが埋まったこともし。でも、左右にポートがあるのは、出先で電源をとる時にはとても便利です。

外出の時には、純正の変換のアダプタを一応持ち歩いてはいますが、プロジェクタにHDMIでつなぐ時くらいしか使わないですね。

最近はセキュリティの関係上、USBメモリで人とデータをやり取りすることもないので、USB Aの端子を必要とすることもほとんどないかもしれない。

スピーカーの音もなかなかいい。

出先でMacで音楽を聞くことはまずないのですが、自宅で作業をする時なんかは音楽をかけることが多いですし、スカイプでのミーティングでも頻繁に使います。

前にも書きましたが、MacBook Pro、MacBook、iPad Pro、どれもスピーカーの性能が素晴らしい。

音の専門家ではないけれど、クリアな音を楽しませてくれるなぁと思っています。

タッチバーはいまだに使い道がわからない。

タッチバーについてはいまだに使いこなせずにいます…。

今のところ、音量の操作に使うくらいかもしれません。その音量ですら、タップしてバーを動かす必要があるので一手間増えて面倒臭い。物理キーでポチポチやった方が早いので、タッチバーである必要性を感じていないのです…。

たぶん、アプリによっては便利な使い方もあるんだろうなと思いつつ、よく使う操作は画面から目を切らずにショートカットを使うことが多いので、タッチバーに視線を落とすというのがイマイチ非効率な気もしているんですよね。

あ、でも、Touch IDは便利ですね!と書こうとしたら、マシンのロックはApple Watchで外れるようになっているのし、まだショッピングで使ったこともないですね。

やばい。タッチバーは音量操作以外にほとんど使ってないかもしれない…。

打鍵感はMacBook 2016の方が好き。

これはもう、完全に好みの話ですけど、キーボードの打鍵感はMacBook 2016の方が好きです。MacBookの方がペチペチ感があるんですよね。MacBook Proはストリークが浅いのにペチペチ感が少なく、キータッチが固い感じがします。

余談ですが、打鍵感が一番好きなのは、Magic Keyboardです。タイプ音も割と静かだし、何と言っても適度なペチペチ感がいいですねぇ。自宅でも2台ほど使っています。

カバーを閉めた時にキーボードがディスプレイに当たるのが気になる。

その薄さがゆえに、持ち運んでいるとキーボードがディスプレイに接触することがあるっぽいんですよね。その結果、ディスプレイのコーディングが剥がれるケースもあるようで…。

なので、僕は持ち運びの時にはカバーをつけて、使う時にはカバーを外すという普通とは逆の行動をとっています…。カバーをつけると音は静かでいいんですけど、キータッチのリズムが悪くなるような気がして…。

あと、外出時はプライバシーフィルムも挟んでいます。マグネットで着脱式のタイプ。

フィルムを挟むと完全に閉じなくなるのが気になりますが、出先で作業中の画面を見られたくないし、キーボードの接触もきになるし…ということで。

アルミボディにヘコミやアタリを発見するとちょっと悲しい。

一応書いておこうかな。

大事に使っているものの、何かの拍子にちょこんとぶつけてしまうこともあります。

そんな時は思わずさすってしまうのですが、あとでよく見ると小さなヘコミやアタリがね…。

ぶつけないように気をつけないとです。

MacBook Pro 2017 13インチモデルは十分メインマシンとして使える!

結論としては、MacBook Pro 2017 13インチモデルは、ちょい重めの作業をする人でもメインマシンとしても十分使えると思います。

ただ、買うならなるべくスペックは上げておいた方がいいかなと思います。

メモリは16GBはマストでしょうね。ストレージも512GBくらいにはしておいた方がいいいかな。

MacBook Pro Late2013の時には、SSDは割高だから外部ストレージを使えばいいよな、と思ってSSDを256GBにして、ポータブルHDDも買ったのですが、持ち歩くのも面倒さし、データが分散するのも不便で200%後悔しています。

さすがに1TBは費用対効果が悪すぎるけれど、512GBくらいは積んでおいた方がいいです。その方が長く便利に使えます。

と、個人的な感想をつらつらと書いて見ましたが、参考になれば!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-Macintosh
-

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.