BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

日々のこと

オキシクリーンの使い方いろいろ。コーヒーの渋が落ちた驚きのレビュー!

投稿日:2016年10月5日 更新日:

スタバのタンブラー

オキシクリーン、使ってみましたよ。最初はバスルームで使ってみようと思っていたのですが、身近にもっといいものがありました。

コーヒーのタンブラーとドリッパー。

長く使っているとコーヒーの渋がついて落ちないんですよね。ドリッパーは奥さんに頼んでたまに漂白してもらっていたのですが、完全に落ちるわけではないし、タンブラーは普通に洗剤で洗う程度でした。

渋がついていると何となく味も影響を受けるような気がしちゃうんですよね。

なので、今回はタンブラーとドリッパーで試した渋落としでの使い方をレビューします。

コーヒーの渋を落とすのにオキシクリーンは超使える!

結果としては、めちゃくちゃキレイなりました。コーヒーの渋を落とすのにオキシリクーンは使えます!

ぼくは出かける時にスタバのタンブラーを持ち歩いているのですが、ほぼ毎日に近い状態で使っているので、どうせ毎日コーヒーを飲むんだしと半ば諦めていました。

ただ、若干ニオイが気になってはいたんですよね。渋の匂いというか。

コーヒーの渋を取るには、重曹を使うとか塩を使うとかいろいろとあるようなのですが、それらの方法はタンブラーを痛めてしまいそうな気がして手を出せませんでした。

スポンジで塩をすり込むとか無理ですよね。キッチンハイターのような漂白剤も然り。

ですが、酵素を使った漂白剤ならいいんじゃないかと思ってね。

タンブラーの内側

オキシクリーンを使う前はこんな感じでタンブラーの内側は茶色くなった状態です。

これまでも中を傷つけないように注意しながら、洗剤とスポンジで洗ってきたのですが、どうしてもとれませんでした。

オキシクリーンを入れて待つこと30分。

オキシクリーンとお湯を入れて待つこと30分。粉を入れすぎたのか最初は泡が溢れ出してしまいましたが、溢れ出る泡に茶色いものが見えるので、これは期待できそうです。

キレイなったタンブラー!

そして、こうなりました!コーヒーの渋は完璧に落ちて、シルバーな状態が戻ってきました。漂白剤というと匂いが気になりそうですが、嫌な匂いも全然しません。

ドリッパーの渋も落ちて白さが戻る!

続いてドリッパー。こちらはボールにオキシクリーンとお湯でオキシクリーン液を作って浸け置きをします。

ドリッパーBefore

自宅でも毎日コーヒーをいれて飲んでるんですけど、白いドリッパーだと洗ってもだんだん渋がとれなくなっていくんですよね。漂白剤も何度も使っていますが、根こそぎというレベルではキレイにはなりません。

もう、汚いから買い換えるかなと思っていたんです。

ドリッパーAfter

が、これですよ、これ!何とこんなにキレイに!

こちらも浸け置きで30分くらいです。いや、これはもうもう感動ですね。

ドリッパー

ドリッパーの穴の部分はこんな感じでした。浸け置きなのでこすっていないのですが、これくらいまで落ちていました。酵素すご過ぎます。

ドリッパーの裏側

ちなみに裏から見るとこんな感じです。よく洗った後に残っている渋をスポンジでこすってみたり、綿棒を突っ込んでグリグリとやってみましたが、ほとんどとれませんでした。

とりあえず、ぼくはタンブラーとドリッパーで試してみましたが、予想以上の結果でした。これはすごいですね。他のものもいろいろと試してみたくなってきました。

次はやっぱりバスルームかな。

オキシクリーン購入編はこちら。

オキシクリーンを購入したいきさつなどの前回の記事はこちらです。

[kanren postid="2629"]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-日々のこと
-

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.