カメラ

GoPro HERO9のおすすめケース

GoPro HERO9 シリコンケース

GoProといえば、カメラ本体を保護するフレームが付属していたのですが、GoPro HERO9は一回り大きくなったせいか、フレームは付属していません。

4月の半ばに手に入れてからケースに入れずに裸で使っていたのですが、利用頻度が高くなってきて、やっぱりケースはほしいかも…と思うようになってきました。

カバンの中にポイっと入れて持ち歩くのに、GoProのキズがつくこともさることながら、他のガジェットに当たるのがイヤで、今さらながらにケースを購入しました。

購入してすぐにレンズキャップは購入していたのですが、サイズ感がイマイチで、すぐに外れてしまうのでものすごくストレスだったのですが、先日外出した際になくなってしまったので、ケースと一緒にレンズキャップも再購入することに。

Ulanziのレンズ保護カバー付きシリコンケースを購入

GoPro HERO9 シリコンケース

純正のケース含め、あれこれ比較して最終的に選んだのがUlanziのシリコンケースです。ケースに加えてレンズキャップまで付属しているというコスパの高い製品です。

GoProを衝撃から守ってほしいというよりも、カバンに入っている他のモノと守るという目的で購入しました。その点でも、シリコン素材はいいかもしれないと思っています。

GoPro HERO9 シリコンケース

付属品はケースとレンズキャップ、それにストラップ。僕はグリップをつけて使っているので、ストラップは使わないかな。

GoPro HERO9 シリコンケース

シリコン製だけあって、ぐにゃぐにゃです。思っていた以上に柔らかいなぁと思ったのですが、GoProの着脱を考えれば、これくらいの柔らかさというか収縮性がないとダメなんでしょうね。

GoPro HERO9 シリコンケース

レンズキャップもぐにゃぐにゃです。以前使っていたキャップはすぐに外れてしまうのがストレスだったのですが、この製品は吸盤でレンズに張り付くタイプなので、取れにくいです。ただ、吸盤だとレンズに跡がつきそうな気もするので、撮影前にレンズを軽く拭いた方が良さそうな気がします。

Amazonの商品タイトルには磁気レンズキャップと書いてあったけれど、吸盤つきキャップですね。楽天の公式ショップでは磁気レンズという記載はありませんでした。

GoPro HERO9 シリコンケース

サイズ感は着脱しやすいくらいのほどほどにぴったりな感じです。

GoPro HERO9 シリコンケース

もちろん、ケースをつけた状態でグリップの装着も可能です。

GoPro HERO9 シリコンケース

本体横のUSB-C端子用の穴もあるので、給電しながら使うこともできます。

GoPro HERO9 シリコンケース

持った感じの収まりもよく手触りも良いですね。ただ、ケースをつけたことで一回り大きくなった感は否めませんが…。

そのほかに購入したUlanziのGoPro HERO9用アクセサリー

そのほかにもいくつかアクセサリーを購入しました。手元に届いたシリコンケースが思いのほか良かったので、UlanziのGoPro HERO9用アクセサリーを追加で購入しました。記事執筆時点ではまだ届いていません…。

Type-C充電口カバー

Type-Cの充電口にアクセスするための穴が空いた交換用カバー。シリコンケースにも穴が空いているので、直接ケーブルを挿すことができます。WEBカメラとしてPCと接続して使ったり、給電しながらの撮影や移動中に充電する時などに便利。

金属製とABS樹脂製のものがありますが、軽い方がいいのでABS樹脂製をチョイス。

個人的には防塵防滴の方が優先度が高いので、常時つけっぱなしではなく、用途に応じて付け替える運用にしようと思います。

ハウジングケース

防水用のハウジングケース。水と絡めた撮影の時に付けたい。アイディア次第で面白い画が撮れそうなので買ってみました。光透過率が98%らしいので、キレイに撮れそうです。

アルミ合金製ケース

シリコンケースを購入した後で、やっぱり気になって追加購入。頑丈だから…というよりも、ホットシューがふたつ付いているのが気になって購入しました。マイクやライトを同時に取り付けて撮影できるので、一つ持っておいても良いかなと。

とはいえ、GoProで使うライトもマイクも持ってないので(笑)、別途物色しようと思います。

NDフィルターも持っているのですがそれは別途

先日、GoPro用のNDフィルターも購入したのですが、雨が続いているのでなかなか使用する機会がなく…。これはちゃんと使ってみてから記事にしようと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。

-カメラ
-,

© 2021 BridgeBook.JP