BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

レンズ

GIZMON Utulensをa6400のお供に。懐かしの「写ルンです」のレンズを再利用した単焦点レンズ

2019年11月2日

GIZMON Utulens

懐かしの「写ルンです」のレンズをEマウントのカメラで使える「GIZMON Utulens」というレンズをご紹介します。

ミラーレスカメラ用のレンズで各社のマウントが揃っています。僕はEマウントのものを使っています。

GIZMON Utulensはいわゆるパンケーキレンズ

GIZMON Utulensは、32mmでF16のレンズです。F16とレンズとしては相当暗いのでISOをオートにして使っています。

GIZMON Utulens

GIZMON Utulensは写ルンですのレンズを再利用しているのでレンズ部分はものすごく小さいです。見た目のわりに重いのですが、それはマウントの金属パーツの重量ですね。レンズのまわりに貼るシールが付属していたけれど写り込みとかがいやなので、僕は使用していません。

SONY a6400とGIZMON Utulens

a6400に装着するとこんな感じ。パンケーキレンズです。トイカメラな感じですね。

レンズキャップがないので、むき出しで持ち歩くことになりますが、レンズが奥に引っ込んでいるので間違って手で触ってしまうこともほとんどありません。

SONY a6400とGIZMON Utulens

上から見るとコンパクトさがわかりやすいですね。コンデジっぽい。

SONY a6400とGIZMON Utulens

a7IIIにつけるとこんな感じ。a7IIIのゴツさとGIZMON Utulensのチープさのギャップが面白い。

SONY a6400とGIZMON Utulens

こちらも上から見るとこんな感じです。グリップとほぼ同じくらいの奥行きなのでカバンの中の収まりもなかなか良いです。

GIZMON Utulensの作例

GIZMON Utulensはがっつり撮るといよりも街撮りのスナップで使うので、a6400との組み合わせが多いです。

ここに載せた写真はいわゆる撮って出しですが、色味は若干褪せたというか薄めなのが特徴です。フイルムのトイカメラのような派手な周辺光量落ちなどはなく、思っていたよりも普通に写るなというのが第一印象でした。

写真はファイルサイズの関係でちょっと圧縮をきつめにしています。

GIZMON Utulensで撮影した写真

撮影の時にはピーキングを頼りにどの辺にピントが合っているかを見ながらもほぼ適当にシャッターを押します。

仕様上は、フォーカスレンジは1mから無限遠となっています。

GIZMON Utulensで撮影した写真

ある意味ピントを合わせるという概念がないので、電源をオンにしておいて「おっ」と思ったらシャッターを切るみたいなスタイルです。

GIZMON Utulensで撮影した写真

出張の際のホテルの一室から。

GIZMON Utulensで撮影した写真

周辺光量が落ちるかなと思って撮ってみましたが、四隅まできっちり写りました。ある意味残念(笑)。

GIZMON Utulensで撮影した写真

一応夜のカットも。a6400は手ぶれ補正がついていないので、足を止めて脇を閉めて息を止めてISOを上げて気合いを入れての撮影。気合いを入れるとまぁまぁ止まる。

GIZMON Utulensで撮影した写真

雨の琵琶湖。天気が悪いと通常よりもさらに彩度の低い写真になりますね。

GIZMON Utulensで撮影した写真

夏休みの家族旅行。写ルンですがどんな感じの写りだったのかがちゃんと思い出せないのですが、修学旅行とかでこんな感じの写真を撮ったよなと思いながらシャッターを切ってみるなど。ああ、確かにこんな感じの写りだったかもしれない…。

GIZMON Utulensで撮影した写真

息子と義弟。暗めの場所で動きの激しいものは止まらない。こういうカットはトイカメラっぽいですねぇ。おもろい。シャッター速度を抑えるとこの手のカットは狙って撮れるかな。

GIZMON Utulensで撮影した写真

実際に目に見えていた景色はもっと緑が鮮やかで眩しい感じだったけれど、意外に地味な仕上がりに。

GIZMON Utulensで撮影した写真

F16だけあって遠景はまぁまぁシャープな印象ですね。

GIZMON Utulensで撮影した写真

高田馬場のランチ帰り。日中だからといって油断すると普通にブレます…。

GIZMON Utulensを使ってみた感想

そもそも写ルンですってどんな感じだったけ…と思いながら使い始めたので、トイカメラのような派手な写りをイメージして使うと拍子抜けします。

ものすごく特殊な写りをするレンズでもないので、スナップなんかでトイカメラ的な手軽さを楽しみたい時に使うと良いかもです。

彩度が低く、ピントも甘めなので、ゆるい雰囲気の写真が好きな人は楽しめるんじゃないかなと思います。記憶色とはまた違った色味の写真が撮れるレンズです。

ただ、手ブレには要注意です。明るくても油断すると普通に手ブレを起こします…。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-レンズ
-, ,

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.