BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

iOS Apple アプリケーション

写真加工アプリ「Olli by Tinrocket」で雰囲気のあるイメージをつくろう!

2017年12月14日

olliで写真を加工する

iPhoneで写真を撮る楽しさの一つに加工してオリジナルのイメージをつくることがあります。

インスタのようにフィルタを通して色調の変化を楽しむのも一つの手ですが、最近は「Olli by Tinrocket」というアプリでイラストチックなイメージをつくって遊んでいます。

240円(注:記事の追記時点 2018/11/6)という有料のアプリですが、お金を払ってでもiPhoneの中に入れておきたい楽しいアプリです。

ライブでエフェクトを確認できるのが楽しい

写真加工系のアプリの中には写真アプリのライブラリから写真を選択して加工するものもありますが、OlliはiPhoneの画面を見ながらライブで効果を見ながら撮影ができます。(もちろんライブラリの写真も加工できます)

仕上がりのイメージを見ながら撮れるのは便利だし、めっちゃ楽しい。

最近は、仕事の資料の中で使うイメージカットにもOlliを使った写真を使うこともあります。リアルな写真とは違った柔らかさを出したい時には本当に重宝します。

こんな感じのカットを撮りためておくと資料とかWEBサイトのイメージカットで使うのに結構便利なんですよね。

Olli by Tinrocketならエフェクトを画面で見ながら動画も撮れる!

そうそう、Olli by Tinrocketは動画にも対応しているんですよ!

動画でもライブで画面を見ながら撮影できるので、子供たちとギャーギャー笑いながら撮ったりしています。

基本スタイルだけでも十分遊べる!

撮影する時にスタイルを選ぶとライブでエフェクトがかかります。オプションでスタイルを購入することもできますが、最初から使えるスタイルも充実しているので、十分楽しむことができます。

インタフェースはこんな感じ。

Olli by Tinrocket

僕は、起動した時にセットされているCELというカラーのスタイルと、SALTというモノクロ風のスタイルが気に入っています。

撮った写真はそのままインスタなどでシェアすることもできるのもいいですね。

線画ならではの面白さも!

いろいろと撮ってみてわかったのが素材の重要性(笑)。

雑然としたデスクまわり

Olli by Tinrocket

ごちゃごちゃした感じはアートではない。

息子

なんかものすごい鼻の穴が強調されてますけど!

Olli by Tinrocket

何時代の女子ですか…。

峰不二子(フィギュア)

マジか。さすがです。

著者近影

こわいわ!

早くiPhone Xに対応して欲しいな〜→対応済み!

iPhone8とiPhone8 Plusに対応をしたようですが、早くiPhone Xへに対応してくれると嬉しいですね。現状、ライブラリを開くと画面下部のナビゲーションが隠れて操作ができなくなってしまうので、そこを早く改善して欲しいです。

追記:その後もちろん対応済みです!

Olli by Tinrocket

雰囲気のある写真に興味のある方はこちらの記事もどうぞ!

インスタグラムサンプル4
インスタ映えする写真を撮る方法。iPhone XとiPhone8 Plusのポートレートモードを活用する。

インスタ映えする写真を撮るなら、iPhone XとiPhone8 Plusのポートレートモードを使ってみるのも面白い。 ポートレートモードとは、簡単に言えば、背景がボケた写真を撮れる機能です。 もとも ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-iOS, Apple, アプリケーション

Copyright© BridgeBook.JP , 2020 All Rights Reserved.