iPad

Mac mini 2018を中心に改めて仕事でのiPad Proの活用術を考え中

2019年2月8日

iPad Pro

Mac mini 2018を購入してからは作業のほとんどをMac miniでこなすようになりました。

マシンのパフォーマンスや画面に大きさなどを考えると自分の中では一番作業効率がいい環境なのは明らかです。

もともと出先で作業をするのが得意ではないこともあり、打ち合わせが終わったらさっさと帰宅をしてMac miniで作業をするというのが自分にはあっています。

最近は外出時には10.5インチのiPad Proを持ち出すことがほとんどで、13インチのMacBook Pro 2017を持ち歩く時には、自分の中ではある意味保険的な気持ちが強いかなと思います。そしてMacBook 2016を外に持ち出す機会はほぼなくなりました…。

状況としてはそんな感じです。

ちょうど一年くらい前にiPad Proの活用についてこんな記事を書きました。

iPad Proを仕事に活用したり、効率化できるの?と聞かれることが多いので、現時点の考えをまとめておく

仕事の内容や打ち合わせの目的などにもよりますが、PC関連はできるだけ軽くしたいので電源アダプタなども持ち歩かないのが理想です。

そうなるとやっぱりiPad Proに寄せていくことになるかな…。

iPad Proでがっつり作業をするということは考えていないのですが、Mac miniをメインにiPad Proをアウトプットのツールとしてもう少しうまく使えないかなと思っているんですよね。

アプリをうまく使ってワークフローやデータの連携を見直せば仕事での活用法がさらに見えてきそうですが、これは、単純にガジェットを使って仕事の効率化を図るということではなくて、自分の仕事のあり方を見直すいいきっかけになるかなと思っています。

テキスト情報のインプットや画像のビューワーのような使い方ではなく、クライアントを含むプロジェクトメンバーの合意形成のツールとして活用できないかなぁとぼんやり思っています。

iPadを使った仕事の仕方にはすごく可能性を感じているので、模索してみようかなと。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。

-iPad

© 2021 BridgeBook.JP