BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

日々のこと

ペアレンタルコントロールを使って子供のスマホ(iPhone)利用を管理する。

2019年1月4日

スクリーンタイム

子供にスマホを持たせている家は多いと思いますが、ペアレンタルコントロールを使っていない家庭も意外に多いんですよね。

親と子のスマホの使い方の紳士協定が成立すれば良いのですが、まぁ、年頃の子供であれば無理です。

そんな時にはスマホの設定で機能を管理できるペアレンタルコントロールがおすすめです。

iPhoneであれば管理用のアプリをわざわざ入れなくても簡単かつ強力に管理することができます。

iPhoneのペアレンタルコントロールとは?

iOS12 には、iPhoneの利用状況やWEBサイトの閲覧状況の把握、アプリの使用制限などを設定できる新機能「スクリーンタイム」が実装されました。

いわば、iPhoneの機能を封印する機能ですね。

iPhoneでのペアレンタルコントロールは、スクリーンタイムという機能によって行います。

スクリーンタイム

対象となるiPhone単体でも設定できますが、iCloudのファミリー共有を使えば遠隔でコントロールすることもできるというめちゃくちゃ強力な機能です。

iPhoneを持ち上げた回数、持ち上げて最初に起動したアプリまでわかっちゃいます。

機能と設定の仕方はこちら。

スマホを使うにあたっての約束事を守らなかった時には、容赦無く機能制限をして無力化してやります(笑)。

ちなみにコントロールの対象は中一の息子のiPhoneです。

僕は子供にスマホなんていらないだろうと思ってはいるのですが、サッカーチームや家族の連絡手段がLINEだったりするので仕方なく、、、という感じなんですけどね。

スマホの利用時間を制限する

暇さえあればスマホを見ているというほどでもないのですfが、放っておくとベッドに入ってからもダラダラとスマホを見ているっぽいんですよね。

朝から時事ネタにかなり詳しかったりするのでバレバレなんだけど。

なので、23時になったら基本機能しか使えないようにする「休止時間」を設定して利用時間の制限をかけています。

制限時間内は、通話やFaceTime、メッセージなどの最低限の連絡手段のほか、こちらで許可したアプリしか起動できないようにロッックがかかります。

たまにアプリ使用の時間延長の申請を飛ばしてきますが、そんなもの認めるわけないだろー(笑)。

Appの利用時間を制限

スクリーンタイムを使えば、個々のAppの利用時間に制限をかけることもできます。

利用状況を見てみるとゲーム(ウイイレ)をやっている時間が長い。

僕もPS4でウイイレを始めると、なかなかやめられなくなるので気持ちはよくわかります。

なだけに、やっぱり何かしらの制限は必要なんじゃないかなと。

というわけで、ウイイレで遊べる時間には制限をかけています。

なんでもかんでも制限をかけるというのも、、、と思うけれど、自分でコントロールできないうちは仕方ないですね。

ペアレンタルコントロールを使うならファミリー共有機能はマスト

親子でiPhoneという条件がつきますが、iPhoneでペアレンタルコントロールを使うなら、iCloudのファミリー共有機能はマストです。

子供のiPhoneの機能制限を遠隔でできるようになるほか、アプリのインストールも承認制になります。

アプリのインストールもゲーム系は軽く非承認したりもしますけどね(笑)。

ペアレンタルコントロールなんて使わないのがベストなんだけど

大人でもスマホに依存してしまう人がいるから、子供ばかりが悪いわけではないと思います。

ゲームもYoutubeも僕も楽しんでいるし、いいんだけど、子供たちには他にもやるべきことはたくさんありますよね。

1日の限られた時間の奪い合いの中、そこはやっぱりコントロールが必要になってしまうのか…という思いもあります。

本当はペアレンタルコントロールなんて使わないのがベストなんですけどねぇ。

ガジェット好きなくせに、息子がスマホを持つようになってからは、便利だけどイヤな時代になったもんだなぁと思うことも増えました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-日々のこと

Copyright© BridgeBook.JP , 2020 All Rights Reserved.