ゲーム

シュタゲファンならSTEINS;GATE ELITEは発売日に手に入れたい!気になる内容は?

Steins;Gate ELITE

テレビで放映中のSTEINS;GATE 0を見つつ、再びゲームを遊んでいるところですが、発売が延期になっていたSTEINS;GATE ELITEの発売日が決まったので早速予約しました。

STEINS;GATE ELITEとは?

STEINS;GATE ELITEとは、より臨場感と没入感を味わえるようにSTEINS;GATEの全編をアニメーションで再構した作品です。フルボリュームのアニメでSTEINS;GATEを楽しめるということですね。

シュタゲファンとしては、とりあえず発売日に手に入れるべく予約です。

がしかし。もともと2018年3月15日に発売予定でしたが、クオリティアップのために2018年内に変更になっていたんですよね。

それが、ついに2018年9月20日に発売が決定したということで、今からワクワクしています。

秋の夜に遊ぶのにはちょうどいいですねー!

STEINS;GATE ELITEの内容は?

STEINS;GATE ELITEの内容は、オリジナルのSTEINS;GATEがベースになっています。

5pb.初のフルアニメーションADV

従来はキャラクターの立ち絵やイベントCGが表示され、テキストウィンドウによりストーリーが進行していたゲーム画面が、プレイヤーがテキストを送るボタンを押したときに、アニメ画面が動きだし、インタラクティブなアニメーションのようにプレイヤーをその世界へと没入、感情移入させます。

立ち絵とイベントCGをもとにゲームを進めていくアドベンチャーゲームだったわけですが、それを全編フルアニメで作り直したということですね。

新規アニメーションや新システム

TVアニメでは描かれなかったエンディングの数々。これらをTVアニメ制作を担当した「WHITE FOX」が新規制作します。また、「フォーントリガー」システムはそのままにより見やすく臨場感が出る画面表示としています。テキストアドベンチャーに不慣れなアニメファンにも最後まで楽しんでもらえるようルートを整理しています。

ゲームはマルチエンディングというか、様々なルートが用意されているわけですが、TVアニメで終えるストーリーは一つのルートです。

そこで、この作品ではTVアニメでは描けなかったエンディグをアニメを使って見せるということですね。

オリジナルの作品をアップデートして、アニメから入るファンにもゲームを楽しみやすくするというのはあるかもしれないけれど、もともとのゲームファンからしたらアニメのソースを再利用したワンソースマルチユース的な作品であることも否めません。

まぁ、戦略としては理解できるけれど、正直なところ、発表当初は新しいストーリーの作品じゃないことにややがっかりもしたんですよね。ファンとしてはやっぱり焼き直し感があるというか。

あとは、やっぱりSTEINS;GATEといえば、絵の質感がゲームの世界観を作っていたので、ゲームとアニメはやっぱりどこか別モノという感じもしていたんですよね。

だから、アニメの絵の質感でゲームが楽しめるのかなぁとおも思っていたのですが、TVでSTEINS;GATE 0のアニメを見ているうちに、新たな興味が湧いてきました。

やっぱりこれは「買い」だなと…。

ゲームとアニメを行ったり来たりする楽しみ

Steins;Gateシリーズ

ゲームとアニメというメディアの違いもSTEINS;GATEの楽しみの一つです。

ゲームを遊んだ後にアニメを見ると、ゲームのストーリーがアニメではどうやって描かれているのかが楽しめます。

ゲームでの展開をアニメ化するためにストーリーが再構築されているので、あらすじは知っているけれど、物語がどう進行していくのかはアニメを見て初めてわかるんですよね。

単純にストーリーを追うだけではなく「このシーンはアニメではこう描かれたのか」みたいなことを楽しみながら見るとでもいうか。

また、ゲームとアニメでは演出の深さが違うので、感情移入度も違いますよね。例えばですけど、「涙が止まらない」みたいなテキスト読むのと嗚咽するシーンを見るのとでは感じ方が違います。

STEINS;GATE 0のアニメを見ながら、ゲームをもう一度遊んでみると、ストーリーの再構築の妙をさらに楽しむことができます。

「ここがこうなったのか」みたいなことをもう一度おさらいすることになるとでもいうか(笑)。

ゲームでは回想シーンの一枚絵だったけれど、アニメではストーリーとしてちゃんと描かれていたりすると、やっぱり感情移入度は違うよな…と作り手の演出の巧さを感じながら見てしまいます。

ここまでくると、純粋にストーリーを楽しむだけではなく、描き方を楽しむというディープな世界ですな…。

世界線という時間軸をテーマにしたSTEINS;GATEはストーリーの面白はもちろんのことですが、キャラクターへの感情移入度が高まるとさらに楽しめるんじゃないかなぁと思います。

TVアニメでは描かれなかったエンディングをフルアニメで楽しみつつ、アニメで表現されたゲームの世界がどう感情に働きかけてくるのかが改めて楽しみな作品ですねー。

しかも、初回封入特典なら、「STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム HD」のダウンロード特典もつきますね。

初回製造分にはPS4で楽しめる「STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム HD」がダウンロードできるDLCコードを封入します。
今後一切販売しない貴重なアイテムです! 

「STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム」は賛否両論あるようです。僕も途中でやめてしまったクチなので、大きな画面でもう一度やってみようかなぁと思ったり。

STEINS;GATE ELITEは、PS4とSwitchのどちらのプラットフォームにするか迷うところですが、僕はPS4を選びました。PS VITAはもうないかな…と。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。

-ゲーム
-

© 2021 BridgeBook.JP