BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

lenovo ガジェット

打ち心地最高!ThinkPad トラックポイント・キーボー ドで作業効率をアップする!

投稿日:2017年1月18日 更新日:

thinkpad keyboard

普段はMacをメインに使っていますが、オフィス系のドキュメントを作る時にはWIndowsマシンです。

デスクトップのWindowsマシンはドスパラで買ったタワーとDELLの27インチの組み合わせなんですが、キーボードは今まではMicrosoftのWedge Mobile Keyboard U6R-00022を使ってたんですよね。

このMSのキーボードも打鍵感が良くてお気に入りなのですが、長時間の作業となるとキーピッチが狭いのでちょっと窮屈なんです…。

というわけで新たなデスクトップ用のキーボードを購入することにしたのですが、ThinkPadユーザーとしては、やっぱりThinkPad トラックポイント・キーボー ドじゃないかと!

デスクトップでしか使わないのでUSB接続のモデルにしました。ドスパラのマシン、USBポートめっちゃ余っているし…。

thinkpad-keyboard

これっすよ。これこれ。デスクトップマシンでもトラックポイントが使えるのが嬉しい!

ThinkPad X1 Carbonよりも高級感があるぞ。

thinkpad keyboard

めちゃくちゃかっこいいんですね…。打ち心地もいいんです。古き良きThinkPadに近い感じでうっとりですね。

このキーボドの特徴は何と言ってもトラックポイント。赤いポッチでカーソル操作ができるのが効率的です。ちなみに僕はThinkPadのタッチパッドはいらない派です。

買ってから気がついがのですが、このキーボードはX1 Carbonと手触りが違うんです。

thinkpad keyboard

これがThinkPad トラックポイント・キーボー ドのキートップ。表面にシボというかざらつきがあります。

thinkpad keyboard

で、これがX1 Carbon。使い込んで少しテカってますが、キートップがツルツルなんですよ(使い込んでそうなったワケではないです)。

別に滑る滑らないとかはないんですけど、ThinkPad トラックポイント・キーボー ドの方が高級感がある感じがしちゃいますね。

キーの感触は諦めていただけにちょっと嬉しい。いや、かなり嬉しい!

キー配列の違いに戸惑ってみる。

さらに見ていきますよ。

ThinkPad X1 Carbonとの大きな違いはキー配列。ThinkPad X1 Carbonの方がスペース的に工夫をしたやや特殊なキー配列だと思うんですけど、半角/全角の切り替えキーの位置が独特なんですよね。

thinkpad keyboard

上がX1 Carbonで下がトラックポイント・キーボー ド。サイズの違いが影響しているとはいえ、Aのキーの横に半角/全角があるのがどうしても慣れないんですよね…。せめてTABキーと逆にして欲しかった。

がしかし。

トラックポイント・キーボー ドの方も微妙なの配置になっている気がするのが、左下のFnとCtrlの位置。使用頻度の高いコントロールキーの位置が逆じゃないかなと…。

これはスペースの問題もなさそうだしねぇ。

同じメーカーでも機種によってUIが変わるのってどうかなぁと常々思っているんですよね…。キー配列と言えば、多くの人が109キーボードに慣れているので、やっぱりそれをベースにして欲しいかなぁと思います。

打鍵感もよく、かっこいいのでモチベーションアゲアゲで作業しているのに、ファンクションキーとコントロールキーを押し違えるとか残念すぎます…。

そう考えると、マイクロソフトのWedge Mobile Keyboard U6R-00022はコンパクトながら使いやすいキー配列なんだなぁと改めて思う次第です。さすがマイクロソフト。

どっちかに慣れるとどっちかが使いづらいという感じですが、それでもこのキーボドの打ち心地は素晴らしい。多少のことはガマンできちゃいます(笑)。新しいキーボードでガツガツ作業をしてやろうと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-lenovo, ガジェット
-

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.