ガジェット

これはおすすめ!コンセント直差しのAnker PowerPort 4でスマホとタブレットを4台同時に急速充電する!

Anker PowerPort 4

ガジェットが増えてくると何気に頭を悩ます充電問題。僕は普段はiPhone6sとXperia Z5のスマホ2台に加えて、iPad Air2かiPad mini2のどちらかとKindle Paperwhiteを持ち歩いています。

いつもの外出ならモバイルバッテリーがあれば、外にいる時間は限られているので何とかなりますが、出張や旅行の時にはそうはいきません。

宿泊先に着いたら一番最初にやることが充電なのですが、1台ずつ充電するのは時間がかかってしまうのが難点だったんですよね。充電しながら寝ちゃって、ホテルでは1台しか満充電できないどころか、モバイルバッテリーも充電できず…なんてことも。

自宅では5台のガジェットを同時に急速充電できるAnkerのPowerPort 5を使っているのですが、電源コードをデスクの裏側に通してあるので、取り外して持ち歩くのがとても面倒なんです。

ということで、今月の出張に向けてコンセント直差しのPowerPort 4を購入しました。

 

PowerIQ搭載のPowerPort 4なら機器に応じてフルスピード充電ができる!

Powerport4

Ankerの製品にはPowerIQという接続された機器を自動的に検知して、フルスピード充電をしてくれる技術が搭載されています。

これがめちゃくちゃ便利なんですよね。

PowerIQテクノロジー:いつでも、どんな機器も、フルスピード充電
全ての充電ポートが同じ機能を発揮するわけではありません。標準的な充電ポートはiOS機器、もしくはAndroid機器のいずれかをフルスピード充電できます。一方、PowerIQテクノロジー搭載の本製品は、内蔵チップが接続された機器を自動的に検知し、最適な電流を送ります。

なにも考えずにとりあえず差すだけでOKっていいですよね!

以前使っていた別のメーカーのものは、1Aと2.1Aの2つ差しだったので、スマホとタブレットを同時充電する時にはポートを間違えないようにする必要がありました。

しかも、PowerPort 4は、4つのポートで40Wの出力が可能なので、iPad2台とiPhone2台でも同時にフルスピード充電が可能とのこと。これはマジで便利。

ビジネスホテルはコンセントの数が少ないところが多いので、これ1つで4台同時にハイパフォーマンスで充電できるのは超嬉しいですね。

MacBook Airの充電器ほどの大きさなのでコンパクト

大きさの比較

USBのポートが4つあるので、ある程度のサイズにはなりますが、それでもMacBookAirの充電器くらいのサイズです。181グラムと軽いのも魅力です。

左から、iPadの充電器、MacBook Airの充電器、PowerPort4です。

厚さもMacBook Airの充電器とほぼ同じですね。

家族旅行の時にも重宝しそう

4ポート

出張はもちろんのこと、家族旅行や実家に帰った時にも重宝しそうです。

旅行や実家への帰省の時には、今までは奥さんのiPhoneを含め順番に充電していたので、タブレットは後回しにしがちだったのですが、これで一斉に充電できます。

あとはUSBケーブルを持っていくのを忘れないようにしないとな…。実はそれがものすごく心配だったりして…。

[amazonjs asin="B00VV12KRI" locale="JP" title="Anker PowerPort 4 (40W 4ポート USB急速充電器) 【急速充電 / iPhone&Android対応 / 折畳式プラグ搭載】(ブラック) A2142112"]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-ガジェット
-

© 2021 BridgeBook.JP