BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

男のレシピ

練馬の旬で買ってきた銀鮭中骨を焼いてつまみにする

投稿日:2018年6月17日 更新日:

銀鮭の中骨

久しぶりに練馬にある魚市場旬に行って銀鮭中骨を買ってきました。

旬は海産物卸問屋直営のお店なんだけれど、日本各地の新鮮な魚が集まるので見ても楽しいし、食べても美味しい。奥さんは晩ご飯のおかずを、僕は酒のツマミを買うことが多いですねぇ。

料理というほどのことでもないんだけれど、最近はいろいろと自分で作ってみたいと思うようになってきたんですよね。

銀鮭中骨レベルであればド素人でも焼くだけで美味しく食べられるので、やってみるといいかもですよ。

銀鮭中骨 を焼いて食べる。

さてさて。旬に行くと僕が必ず買うのが銀鮭の中骨。

銀鮭中骨

結構なボリュームで、このお値段。これはチリ産とありますね。

銀鮭の中骨といえば水煮が定番ですが、僕はこれを塩をふって焼いて食べます。

まぁ、身の部分はほとんどなく骨ばかりなんだけれど、カリカリに焼くと骨も食べられるので結構ハマってます。

シンプルにグリルで焼く

とりあえずはいつも通りにシンプルにグリルで焼きます。

銀鮭中骨

めちゃくちゃ油が出るのでアルミホイルを敷いて塩コショウを振ります。

今回はいつもよりも身が少ないかな(笑)。

銀鮭中骨が焼けてきた

焼けてきた!カリカリにしたいので、もう少し焼きます。

塩コショウオンリーですが、これだけでホント美味いんですよ…。ビールが進みます。

銀鮭中骨の塩焼き

背骨以外はカリカリなので、そのまま食べちゃいます。

美味しいんですけど、油っぽいので量に注意が必要です。モタれそう。

残りは冷凍しておいて違う食べ方も試してみよう

かなりのボリュームなので残りは小分けにして冷凍しておきます。3本くらいずつに分けて6パックほど。ラップにつつんでジップロックに入れて冷凍しておきます。

銀鮭中骨を冷凍にする

これはまだまだ楽しめますな…。

焼いたときには背骨は硬くて食べられないけれど、圧力鍋で煮れば水煮のように背骨も柔らかく食べられるようなので今度やってみようと思います。

マグロの血合いはとりあえず血抜きをする。

今回はマグロの血合いも買ってみました。銀鮭の中骨とのとなりにあったので、昔三崎港で食べたマグロの血合いステーキを思い出してしまって、つい…。

マグロの血合い

といってもこの値段です。

マグロの血合い

血抜きをしたのは初めてだったのですが、面倒くさいですね(笑)、コレ。

手にも匂いがついてなかなかとれないんですよねぇ。

マグロの血合い

とりあえず細切れのものだけ塩コショウとにんにくパウダーをかけて焼いてみました。

が、なかなかウマいじゃないか!

銀鮭中骨を焼きながらマグロの血合いの血抜きをしたのですが、血抜きが終わった頃にはお腹いっぱい…。

というわけでとりあえず血合いは冷凍しておきます。

しっかり血抜きをしないと生臭くて食べられないよと言われたものの、ちゃんと血抜きができているかどうかは食べてのお楽しみなのかな…。

血合いは次回煮付けを作ってみようかなと思います。

今回銀鮭中骨とマグロの血合いを買ってきた魚屋旬のサイトはこちらです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-男のレシピ

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.