BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

グルメ ダイエット

糖質制限中でもラーメンが食べたい!明星の低糖質麺「はじめ屋 こってり醤油豚骨味」を食べてみた

投稿日:2016年10月27日 更新日:

低糖質麺はじめ屋

糖質制限中でもラーメンは食べたい!

でも、糖質制限ダイエットでは炭水化物はNGなので、ラーメンとか普通に食べられないんですよね。

先日もミニサイズのカップヌードルやどん兵衛などの炭水化物の量が少なめのものを食べましたが、量が少ない分、満足度はやや少めかなと感じました。

こんにゃくでできた糖質ゼロ麺も試しましたが、正直これじゃない感がハンパないです。やっぱり普通のラーメンが食べたい。

そんな時にテレビで見かけた低糖質麺はじめ屋。これだと思い、さっそく買ってみました。しかも大人買い(?)で。

低糖質麺はじめ屋大人買い

味見もせずにいきなり箱で買って大丈夫かと思いつつも、日々の糖質を制限した食事に多少飽きていたので迷わずポチりました。

肉や魚、卵などは気にせずに食べられるのが糖質制限ダイエットのいいところなんですけど、なんだかんだ言って炭水化物をとらないと元気が出ない気がするんですよね。

今回は、基本に忠実に(?)ということで、こってり醤油豚骨味をチョイスしました。

低糖質麺はじめ屋の箱を開けてみる

でん。12個入り。カップ麺を箱で買うなんて独身時代だってやったことないですね。これで美味しくなかったら地獄だなとか思いつつ…。

低糖質麺はじめ屋

「低糖質麺」よりも「こってり醤油豚骨味」の方が目に飛び込んできます(笑)。

普通のカップ麺のサイズなのに1食あたり糖質21.9gというのは嬉しいですね。食べ応えがありそうです。

「ラーメンは食べたい・・・でも糖質が気になる。」というお客様のために明星オリジナルの低糖質麺を開発しました。
糖質50%オフを実現するため、麺の主原料である小麦粉に着目いたしました。麺に使用する小麦粉に含まれる糖質量は約70%以上と高いため小麦粉を使用しなければ糖質は下がります。
しかし、小麦粉を使用しない「ラーメンの形状をした疑似麺」とは異なり、ラーメンの美味しさを保ちながら糖質を低減するため小麦粉に糖質含有量の少ない難消化性のでんぷんをブレンドして小麦粉由来の麺のおいしさを保ちながら、糖質50%オフを実現しました。

出典:明星食品 はじめ屋ウェブサイト

確かに、ラーメンの形状をした擬似麺は、形を似せたところでやっぱりラーメンじゃないんですよね。

低糖質麺はじめ屋

パッケージを開けると「かやく」「液体スープ」「粉末スープ」が入っています。2つのスープは食べる直前に入れよとのことなので、普通のカップ麺と同じですね。

低糖質麺はじめ屋の麺

う〜ん。たぶん、先入観もあるんでしょうけど、麺がややおいしくなさそう…。これを食べた前日のローカーボヌードルでのちょっとした失敗が頭をよぎります。

低糖質麺はじめ屋を食べる!

お湯を入れて待つこと4分。具がもう少し欲しかったので、メンマを少々追加して出来上がりです。

見た目は普通のカップ麺ですね。醤油豚骨のいい香りが食欲をそそります。

肝心のお味の方はといえば、素直においしかったです。正直なところ、麺はほんのちょっぴりパサつきを感じますが、先入観もあるのかもしれませんね。こってり感のあるスープの味がぐいぐいと引っ張ってくれるので、全然気になりません。

いや、これは美味しいし嬉しい。ラーメンが食べたいなと思った時に食べられるのはストレスをためずに済むのでありがたい。

糖質制限ダイエットをしていながらもラーメンが食べたい人にはオススメだし、ぼくはリピート確定ですね。

焼きそばもあります。

しかもこってり!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-グルメ, ダイエット
-

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.