BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

アプリケーション

PowerPhotosを使ってMacの写真アプリのライブラリを分割バックアップする

投稿日:2018年2月10日 更新日:

PowerPhotos

日々増え続ける写真データをどう管理するかは悩ましいものです。

最近は写真を撮る頻度が少なくなったとはいえ、いまだに毎年数百GB単位で増えていますからね…。

HDDやSSDなどのストレージが壊れることもあれば、アプリの中のデータベースが破損して読み込みができなくなることもあります。

僕はMacの「写真」アプリを使って写真を管理しているのですが、10年以上のデータが一つのアプリの中に入っているという危険な状態でした。

iPhoto時代にはアプリが起動できなくなって肝を冷やしたこともあります。

それ以来愛用しているのがPowerPhotosというアプリです。

ライブラリは年ごとに分割しておく

PowerPhotosで年毎にライブラリを分割する

PowerPhotosを使うとMacの写真アプリに格納されたデータを分割したり統合したりすることができます。

僕は半年に一回くらいのペースでライブラリの中からその年のライブラリを切り出して年ごとのライブラリを作るようにしています。

タイミングとしては年始と夏の終わりくらいが多いかな。

こうして分割しておけば、最新のライブラリが壊れても過去のデータを失うことはないし、外付けのHDDにバックアップを取るのも楽になります。

過去の写真を見たい時には、PowerPhotosからその年のライブラリを指定して「写真」を起動するだけです。

難点といえば、過去の写真が見たい時にはライブラリを切り替えるのがちょっと面倒臭いということくらいですね。

PowerPhotosは有料アプリですが、Macで写真アプリで写真を管理しているのであれば、持っておいて損はないと思います。

写真だけではなく動画も取り込むとなるとライブラリはどんどん肥大化していくので、バックアップはしっかりとっておかないとですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-アプリケーション
-

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.