BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

ブログ アプリケーション

Macでブログを書くアプリはMarsEdit4。iPad Proで書くならUlyssesというスタイル。

投稿日:2018年1月24日 更新日:

Macでブログを書くならMarsEdit4、iPad Proで書くならUlyssesというアプリを使うのが便利です。

どちらも定番中の定番アプリですね。

ブログはほぼMacかiPad Proで書いています。もはや、この2つのアプリがないとブログライフが成り立たないくらいの勢いです。

僕はMarsEdit4やUlyssesで記事を書いてWordPressに送り、修正や調整をした後にプレビューで確認をしてから公開するというスタイルをとっています。WordPressの投稿画面で書くということはほとんどありません。

ブログはオフラインで書きたい

ブラウザは落ちたり固まったりしますからねぇ。そんな不安定な環境で書くのはイヤだなぁと。

ブログはオフラインでじっくり書きたいので、ブラウザ上のWordPressの投稿画面で書くというのがいまいちしっくりこないんですよね

その点、MarsEditやUlyssesならローカルで書いておいて、自分のタイミングでWordPressに送ることができるので便利です。

どちらも有料のアプリですが、ブログは毎日のことだし仕事でもあるので、必要であればツールにはお金をかけます。有料アプリは時間への投資です。効率化が図れて生産性があがればリターンが大きくなりますからね。

MarsEditとUlyssesは、記事を書くだけではなく、アイキャッチ画像の登録やスラッグ、カテゴリ、タグなどの設定もできるので、慣れちゃうとこれらのアプリなしにはブログが書けないんじゃないかと思うくらいです。

MarsEditとUlyssesを活用してブログ執筆を効率的に楽しむ

MarsEditはブログエディターで、Ulyssesはブログへのアップロード機能を備えたテキストエディターです。両者はできることが若干違います。

MarsEditの使い方

MarsEditは記事の新規投稿と編集が可能です。

MarsEdit4では、WordPressのデータベース上にあるすべての記事をアプリの中に取り込むことができるので、WordPressを介さずに過去記事の編集が可能です。

リライトをするうえで、これが超絶便利!この機能だけでも買う価値がありますよ。

新規記事を書くときには、ローカルで書いてWordPressに送って調整をして公開というフローが基本です。

出先でMacBookなどで書きかけの記事がある場合には、下書き状態で一旦WordPressに送っておいて、帰宅してからiMacのMarsEditでじっくり続きを書いて画像を加えて公開、なんて使い方をすることもあります。

サーバ経由でマシン間で記事を共有するわけですね。

Ulyssesの使い方

一方のUlyssesは、WordPress側にある記事の編集はできず新規投稿のみが可能です。

UlyssesはMac版やWindows版もあるのですが、僕が使うのは主にiOS版です。iPad ProとSmart Keyboardで記事を書くことが多いのですが、電車の中でiPhoneでも書いたりします。

UlyssesはiCloud経由でデバイス間を自動的に同期してくれるので、どんなデバイスでも開けばいつ最新版の原稿から始めることができるんです。

MarsEditがWordPess経由で手動でマシン間の同期をするのに対して、Ulyssesは自動的にデバイス間で同期をしてくれるわけですね。

これはめちゃくちゃ便利だ…。

このアプリのおかげで移動時間にもブログの下書きを進める習慣ができました。

iPad ProでもiPhoneでもMacでも、まったく意識することなくUlyssesを開けば記事が同期されているので、続きを書いたり手直しをするのが超絶捗ります。

推敲を重ねて精度を高めたところでWordPressに送る、もしくは公開すればOKです。

また、マークダウン方式で書いていけるので、慣れてしまえば本当にサクサク書けるようになります。

WordPressに一度送ってしまったものは取り込んで編集ができないのが残念ですが、基本的にはテキストエディタですしね。MarsEditと組み合わせて使えばかなり効率的にブログを書くことができるようになります。

ツールを徹底的に活用すれば更新頻度分の効率(時間)が手に入る

MarsEditもUlyssesもブログを書く人であればよく知られたアプリですが、この他にも効率化を助けてくれるアプリはたくさんあります。

こうしたツールを徹底的に活用すれば、効率的に記事を書いたり更新をすることができるので、時間の大幅な節約になります。

MarsEditは記事執筆時点で書いきりで6000円ですが、1年間毎日更新する人であれば、1日16円ちょいですよ。2年なら8円ちょい。

Ulyssesは年間のライセンスで4400円くらいだったかな。それでも1日12円の計算ですね。

たったそれだけの金額で手に入る効率化して手に入る時間があるなら、有料アプリにガンガン投資すべき。

イカしたツールを組み合わせて効率化していくこと自体楽しいですしね!

iPad ProでUlyssesを使い始めた時の記事もよかったらどうぞ!

iPad Pro 10.5でブログを書くのにUlyssesを使い始めた

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-ブログ, アプリケーション
-,

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.