BridgeBook.JP

働き方と生き方に思いを巡らせながら「モノ」と「コト」を楽しむ日々

iPhone 8 Plus iPhone iPhone X Apple

どっちを選ぶ?iPhone8PlusとiPhoneXの3ヶ月使用レビュー。

更新日:

iPhoneX&iPhone8Plus

僕はiPhone8PlusとiPhoneXの2台持ちです。

iPhone8PlusとiPhoneXのどっちにしようか悩んだものの、どうしてもどっちも使ってみたくて結局2台持つことにしました。アップルの思うツボですな。

そんなこんなで3ヶ月くらいたったので、使ってみてどうなのか、率直に感じていることをレビューをしてみたいと思います。

iPhone8PlusとiPhoneXはスペックの比較では選べない

iPhoneX&iPhone8Plus

いきなりですけど、iPhone8PlusとiPhoneXのどちらを持つかは、スペックでは決められないというのが使ってみた感想です。

2台を持ち歩いて実感しているのは、スペックもできることもほとんど変わらないので、機能的な優劣はほとんど感じないということです。

画面のサイズや解像度、カメラの性能などは確かに違いますが、実際にはそれらはあまり重要じゃないんですよね。

大切なのは使いやすいかどうかです。

この2台に関しては、スペック比較はあまり意味がありません。

iPhone8PlusとiPhoneXはそもそもコンセプトが違うので、自分の活用方法にあっているのはどちらなのかがポイントになってきます。

ボディの大きさと重さ

iPhoneX&iPhone8Plus

選ぶ上でのいちばんのポイントは、なんだかんだ言ってもボディの大きさと重さじゃないかなと思っています。

両者の違いは28グラムなのですが、この違いは案外大きいですね。

単三電池一つが23.5グラムくらいなので、たいしたことがないような気もするのですが、持ってみるとiPnone8Plusは結構ズシリときます。

iPhone8Plusを片手で操作するのは、ちょっとしんどいかな…というのが使ってみて感じているところ。片手で使えないことはないけれど、気がつくと両手を添えていることが多いです。単純に重いし。

片手で快適にスマホを使いたいのであれば、コンパクトで軽いiPhoneXの方がいいです。

個人的にも握った感じのフィーリングが好きなのは断然iPhoneXですし、iPhone8Plusに比べると愛くるしい感じがしちゃいます。

画面サイズと見え方

iPhoneXの方がiPhone8Pulsよりもボディサイズは小さいけれど、ディスプレイサイズはiPhone8Plusよりも大きく解像度も高いのでギュッと凝縮された完成度を感じます。

精細なディスプレイを見ていると、これぞテクノロジーって感じがしちゃいます。

でもね…

解像度だけを見ると、iPhoneXが2,436x1,125pxであるのに対し、iPhone8Plusは1,920x1,080pxなので、iPhoneXスゲーって思ってたんですけど、実際に使ってみると、なぜかiPhone8Plusの方が画面が広くて明らかに見やすいんですよ…。

iPhoneXは若干窮屈に感じるというか。

これは、iPhoneXの実質解像度の横幅が375ポイントであるのに対し、iPhone8Plusは414ポイントなので、実質解像度ではiPhone8Plusの方が高いことに起因するんです…。

おまけにiPhoneXは上部にカメラの切り欠きがあるので、画面の縦のサイズが実質的な表示領域ではそんなに変わらないんです。なのに横幅はiPhone8Plusに比べて実質解像度が狭いので窮屈に感じるんですよね。

そんなこともあって、僕は普段づかいのメインスマホはiPhone8Plusなのです。これには次の認証機能も関係してきます。

顔認証と指紋認証

iPhoneX

これも実はものすごく悩ましい。

セキュリティを考えれば顔認証の技術は素晴らしいと思うんですけど、毎日使うデバイスの認証方法としては、今のところこれまでの指紋認証の方が便利だと感じています。

iPhone8Plusなら、今までと同様に指で押せばすぐに画面を開くことができます。

一方のiPhoneXの顔認証は、画面を見て認証を終えて画面を開くまでに若干のタイムラグがあります。

そのワンテンポのズレが気持ち悪い。

あとは、これはみんなが言ってますけど、冬場にマスクをしているときには認証でコケるのでめちゃくちゃ不便です。

最初の頃はマスクを一瞬ずらして認証したりもしてましたけど、最近はマスクをずらすのが面倒でパスコードを打ち込んでいます(涙)。

iPhoneXは顔認証を使っても使わなくても画面にたどり着くまでに時間がかかるので、不便だなぁと。

毎日使うものなので、この差は大きいし、かなり気になります。

カメラの機能と写真撮影

iPhoneX&iPhone8Plus

手の大きさにもよりますけど、iPhoneXの方が単純にホールド感がよく軽いので、圧倒的に写真は撮りやすいです。

スマホで写真を撮るときには片手になることが多いと思うのですが、iPhone8Plusは重いので不安定だし、ピント合わせのタップが片手だとめちゃくちゃやりづらい!

っていうか物理的に指が届かないことがある(笑)。

安定性という点では、手振れ補正の機能についてもiPhoneXの方が優れているんですよね。

iPhone8Plusはデュアルカメラの広角側にしか手振れ補正がついていないのに対して、iPhoneXは広角と望遠両方に手振れ補正がついています。

本来手振れ補正が必要なのは広角よりも望遠なのにねぇ…。

iPhone8Plusはホールドしづらいし安定しないこともあって、写真を撮るときにはiPhoneXを使うことが多いですね。

また、カメラの機能としては、iPhoneXはインカメラでのポートレードモードが使えるのが楽しいですね。これ、子供たちと遊ぶにも意外に楽しい機能なので、iPhone8Plusにはインカメラでのポートレードモードがないのがちょっと残念です。

まとめ

ガジェット好きの視点からすると、普段使いの実用度の高さならiPhone8Plus。携帯性を重視しつつ新しいガジェット感を楽しみたいならiPhoneXかなと感じています。

僕みたいに欲張りな人は是非とも2台持ちを(笑)!

ただ、これも率直な感想としては、次の買い替えのタイミングはできることなら2台同時ではなく、ずらして1台ずつにしたいですね…。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-iPhone 8 Plus, iPhone, iPhone X, Apple

Copyright© BridgeBook.JP , 2018 All Rights Reserved.