BridgeBook.JP

働き方と生き方に思いを巡らせながら「モノ」と「コト」を楽しむ日々

尾道デニムプロジェクト デニム

尾道デニムの履き始め。テーパー具合にはまってRESOLUTEまでも…。

更新日:

尾道デニムプロジェクト

尾道デニムが到着しました。

マジでやばいです。

デニムは無骨なストレートが好きなので、今までテーパーがかかったタイプはほとんど履いたことがないのですが、ハマりました…。

衝撃のあまり、思わずRESOLUTEも追加発注してしまいました。

尾道デニムの体に馴染む感じがたまらない

到着して足を通して最初に思ったのは、履き続けると本当に自分の体に馴染んでいくんだろうなということです。

Levisの501なんかもShrink to Fitといって履き込みながら体になじませていきますが、尾道デニムからはそれがビンビン伝わってきます。

履いた人の物語をつなぐ本物のユーズドデニムをというコンセプトが体感できるというか。やばい。

デニムの内側の肌触りや、表面のゴツゴツした感じも最高。

PJ001

尾道デニムプロジェクトPJ001

これが今回メインで買ったプロジェクトのデニムです。革パッチに刻まれた「ONOMICHI DENIM PROJECT」の文字がかっこいい。

オーソドックスなデザインのデニムですが、膝から下がテーパーがかっているので、裾がまとわりつくことがありません。

このデニムを履いたフィット感でやばいと思っちゃったんですよね。

デッドストックやレプリカのデニムが好きな人は、昔ながらのズドンとしたストレートが好きな人が多いんじゃないかなと思いますが、たまにテーパーがちょい強めのデニムも楽しいですよ。

フィット感と裾のスッキリ具合が新しいです(笑)。

ODP002

ODP002はデニム素材のワークパンツ。

尾道デニムプロジェクトODP002

こちらも革パッチに刻まれたロゴがかっこいい。

これは経年でだんだんと飴色に変わっていくんだろうなぁと想像しています。

尾道デニムプロジェクトODP002

ODP002は、左右の縦ポケットとヒップポケットの他に太もも横にもサイドポケットがあるワークパンツです。

このパンツも膝から下のテーパー具合が半端ない。

っていうか、これはちょっと足をがっつり鍛えないとももとふくらはぎが若干キツイ(笑)。がんばらねば。

尾道デニムプロジェクトODP002

ワークパンツなんだけど、フロント部分はボタンフライになっています。デニムっぽさをしっかりと残した無骨っぽさがいいですね。

RESOLUTE710

これですよ、追加発注しちゃったの…。

尾道デニムプロジェクトRESOLUTE710

710はテーパーがかっていて、711はどちらかいというと伝統的なストレートで若干ルーズな感じなのかな。

今回はテーパーがかった710を履き込むことにします。

っていうか、到着してすぐに履き始めました(笑)。

僕はずっとスポーツをやってきて腰が大きいので、タイト目なデニムはサイズアップをしておかないと履けないのですが、今回もサイズアップをしておいて大正解。ビンゴでした。

履いてみると本当に体にぴったり馴染むというか、ヒゲやアタリなんかもいい感じでできそう。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、タイトなつくりになっているので膝裏のシワもかなり強くつきそうですね。

ねじれ防止の加工をしてないので、左足のサイドシームが若干ですが前めにきています。これが欲しかったのですよ…。

詳しくは別記事で書きたいと思うので、今回はさわりだけということで。

どのモデルも、裾はもちろんチェーンステッチです。

タイトなデニムだし、オンスも結構あるので夏場は結構暑そうですが、今年は3本をうまくローテーションして育てていこうと思います。

尾道デニムプロジェクト
尾道デニムプロジェクトで新しいデニム選びがイチコロな話

ふとしたことから「そういえば最近デニム買ってないなぁ」ということに気がつき、久しぶりに新しいデニムが欲しくなり、ここ数週間デニムのサイトを見まくっていました。 かつては30本以上あったデニムもいくつか ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-尾道デニムプロジェクト, デニム
-, ,

Copyright© BridgeBook.JP , 2018 All Rights Reserved.