レンズ

XF27mmF2.8 R WRとX-E4のコンパクトな組み合わせでスナップを楽しむ

2022年7月4日

XF27mmとXE-4

1月に発注してあったXF27mmF2.8 R WR。発注時点で4ヶ月は待つみたいな感じだったので、いつか届くだろうくらいの気持ちで期待せずに待っていたのですが、6月の頭に突如届きました。

換算35mmでも良かったので、途中で何度か23mmに切り替えようかと思ったりもしたのですが、XE-4のボディにパンケーキレンズをつけて普段使いのカメラとして使いたかったんですよね。

XE-4との組み合わせは期待通りのコンパクトで、持ち歩くのも苦にならないので、仕事用のイメージカットみたいなもの思いつきで撮るのにもとても重宝しています。

ただ、手放しで喜べるかというとそうでもなくて、いいところと悪いところがあります。今回は実際に使ってみて感じていることをレビューしてみようと思います。

XF27mm F2.8 R WR の良いところ

XF27mm R WR

一言でいえば、コンパクトでかっこいいに尽きるのですが、良いところをあげるならこんな感じかなと思います。

  • 小さくて軽い
  • 解像感はなかなか良い
  • 絞りリングが便利
  • かっこいい

小さくて軽い

X-E4とのセットで考えた時に、シンプルに小さくて軽いというのは、このレンズの一番のメリットです。どこに行くにもほぼ持って行きます。レンズ単体は84グラムなので、ボディと合わせても誤差レベルにしか感じません。全然わからない。

いわゆるパンケーキレンズなので、XE-4につけた時のコンパクトさはなかなかのインパクトがあります。

解像感はなかなか良い

スナップやメモがわりに使うことが多いので、開放で撮ることは案外少なくて、常用はF4〜F8くらいです。これくらい絞ると解像感はなかなか。シャープに写ります。

絞りリングが便利

最近は絞りリングがついたレンズが増えましたね。

絞りリングがないレンズだと、絞りの操作のしやすさはボディの設計次第です。XE-4は背面がシンプルでダイヤルなどがないので、レンズ側の操作で絞りが変えられた方が便利です。

カメラを構えた時にちょうど絞りリングのあたりに手を添えることになるので、操作はしやすいと感じます。リングを回した時のクリック感もあるので、絞りを変えたい時にはクリックの回数で絞り値がわかるのが気に入っています。

リングをAに合わせるとカメラ側で絞りを変えられるのですが、このカメラでは使ったことがありません。

かっこいい

XE-4とXF27mm
XE-4

身も蓋もない感想ですが、かっこいいというのも大きなメリットです。XE-4をデザインありきで買ったのだからこればかりは仕方ない。相性がめちゃくちゃいい。

XF27mm F2.8 R WR の残念なところ

実際に使ってみると、不満な点もあります。先に購入して使っているXF35mmF2.0やSONYのレンズと比べると、正直なところ残念感は半端ないです。

AF駆動音がうるさい

これがとにかく残念。ここまでガッコンガッコン音を立てるレンズは久しぶりです。動画で使えないのはもちろんですが、写真を撮るのにも普通に気になるレベル。

XF35mmとの差が激しく、最初に使った時は不良品かと思ったくらい。Youtubeでいろいろと調べたら、そういうレンズだとわかったのですが、27mmを売って23mmに買い換えようかと思ったくらいです。

AFのスピードは良いけれど…

AF性能も微妙だなと感じることがあります。AFはそれなりの速さだとは思いますが、ふだんSONYを使っていると、特に速いとは感じないですね。

また、コントラストが低くいとピント合わせがうまくいかないことがあります。これはレンズ側ではなく本体の性能に起因すると思うのですが、前述のAFのモーター駆動のカカカッみたいにひっかかってピントが合わないという印象を受けるので、そこはストレスですね…。

XF27mm F2.8 R WR はスナップ用に持ち歩くのにちょうど良いレンズ

良いところ、残念なところはありますが、換算41mm程度なので、広くもなく狭くもなくという絶妙な画角のレンズ。広角っぽくも撮れるし、切り取る楽しさも味わえます。コンパクトなのによく写るし、スナップ用に持ち歩くのにちょうど良いレンズだなと思っています。

カスタム設定でフイルムシミュレーションを楽しめるのも気に入っています。

高田馬場駅
新宿駅
高田馬場
オフィスにて

このレンズを使うようになってからは、X-E4に関してはもうRAWなしでJPEGだけでいいんじゃないかとも思うようになりました。純粋に撮るのが楽しい。

カメラを持ち歩いて気軽にシャッターを切ろうと思える、そんなレンズです。

created by Rinker
富士フイルム
¥46,800 (2022/08/14 02:29:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士フイルム
¥130,720 (2022/08/13 07:15:21時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。

-レンズ
-, ,

© 2022 BridgeBook.JP