BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

カメラ レンズ

ソニー ミラーレスカメラ α6400 を購入。レンズはどうする?

投稿日:2019年3月3日 更新日:

α6400を買った

ソニーのミーラレスα6400を購入しました。

APS-C機はもう買わないと決めていたけれど、CP+2019で実機で撮影をしてから気になり始め、どうしようどうしようと思っているうちに結局買ってしまった。

α7IIIを使い始めてからは、もうミラーレスでいいんじゃないかと思い始めているのですが、仕事ではまだまだ使い慣れたキヤノンの一眼レフじゃないと不安でなんですよね…。

とりあえずは、APS-Cミラーレスに関しては実験的にキヤノンからソニーに乗り換えることに決めました。

ソニー ミラーレスカメラ α6400のレンズ選び

レンズ選びは撮影用途によりますが、僕はα6400をα7IIIのサブ機という位置付けではなく、別物のカメラとしてコンパクトさを楽しみたいと思っています。

なので、フルサイズ用の大きくて重いレンズや高倍率の望遠ズームには食指が伸びないんですよね。

口径の大きなレンズなどはフルサイズ機で使った方が力を発揮すると思うし、何よりもボディとレンズのバランスが悪い

街撮りやスナップなどに使うのであれば、広角系の単焦点やズームレンズは便利なようで実は利用頻度が低いし、望遠ズームも運動会などのイベントでしか使わないんですよね…。

望遠ズームを旅行に持っていっても300mmとか400mmなんて使わないよねって思うですけど、どうでしょう?せいぜい24-70mmとか24-105mmくらいじゃないかなと。

ということもあって、僕はコンパクトなボディを活かすパンケーキレンズや標準から中望遠のレンズが気になっています。

しかも単焦点。距離は自分の足で調整するのが楽しいんですよね。

また、α6400のボディには手ぶれ補正機能がついていないので、暗めのレンズや望遠ズームレンズは手ブレを起こす可能性が高くなるので注意が必要ですね。

α6400のレンズキット同梱のSELP1650はオーソドックスな標準ズーム

今回はレンズキットを購入してみました。

キット同梱のレンズは16-50mmなのでフルサイズでの24-75mmの標準ズーム相当です。

SELP1650

荷物を軽くしたいときはこれ1本あればいいかなと思うので、オーソドックスで便利な標準ズームレンズですね。

このレンズはコンパクトなのは良いのですが、F値が3.5-5.6なので暗めのレンズです。先ほど書きましたが、α6400は手ぶれ補正がついていないので、油断をして雑に撮るとブレた写真になってしまいます。その点、このレンズは暗めだけど手ぶれ補正がついているのが救いかな。

ただ、電動式のズームは操作が面倒臭く、すぐに画角を変えられなくてシャッターチャンスを逃してしまうことがあったので、個人的にはズームレンズとしてはやや使いにくい印象です…。

初心者の人はプログラムでISOオートにしておけば大きな失敗はなさそうなベーシックなレンズです。

α6400と相性が良さそうな20mmレンズ(SEL20F28)

SEL20F28

α7IIIとの併用を考えればAPS-Cフォーマットという選択肢はないかなぁと思いつつも、20mmのF2.8はスナップになかなか良さげなんですよね。フルサイズ換算で30mm相当。

30mmというのがちょっと中途半端なので、願わくば35mm相当のレンズが欲しいところだけど、Amazonのレビューでの評価も高いので購入しました。

α6400と20mm f2.8
【レビュー】α6400の常用レンズはソニー20mm F2.8(SEL20F28)で決まり。

α6400の常用レンズはソニー20mm F2.8(SEL20F28)で決まりです。 一発で気に入りました。 日中にSAMYANG 35mmをつけていろいろと撮ってみたけれど、35mm版換算で50mmに ...

続きを見る

これは本当に買ってよかった!使い方によっては本当に面白いレンズです。

パンケーキレンズなのでα6400のボディとは相性が良いですね。コンデジのような見た目になります。

予想通りのコンパクトさと予想以上の使い勝手の良さでとても気に入っています。

ポートレートや風景を切り取るならα6400と85mm F1.8(SEL85F18)もいい感じ

85mmをつけると35mm換算で127.5mmなので、ポートレートで使うなら瞳AFをバリバリに活用できますね。

SEL85F18

手持ちの85mmをつけて撮ってみましたが、風景を切り取るのにも良い感じですね。フルサイズとはまた違った切り取り方で面白い画が撮れます。

このくらいのサイズからボディを持っているのかレンズを持っているのかがよくわからないバランスになるかな…という印象ですね。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥55,869 (2019/07/01 19:08:22時点 Amazon調べ-詳細)
大阪での日常風景
α6400とFE85mmの組み合わせがなかなか面白い。

α6400とFE85mmの組み合わせがなかなか面白い。 35mm版換算で127.5mm相当なのでポートレートなんかに良さそうな焦点距離ですが、街中での撮影でも切り取り感が楽しめます。 脳内では85mm ...

続きを見る

α6400に50mmや55mmなどの標準レンズをつけて中望遠として使う

35mm版換算だと、50mmは75mm、55mmだと82.5mmになるので、フルサイズ用の標準レンズもAPS-C機では中望遠になります。

サイズ的にもコンパクトではなくなりますね…。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥27,013 (2019/07/01 14:49:25時点 Amazon調べ-詳細)

50mmの方が価格的にもリーズナブルなのですが、AFがあまり速くなさそうなので瞳AFを活かすならどうかな…と。

そんなこともあり、α7III用に55mmを購入したので、届いたらα6400にもつけてみようと思います。

ちなみにボディよりも高いSEL50F14Zという明るいレンズもありますが、このレンズを活かしたいと思うなら間違いなくフルサイズ機を使った方が良いです。

α6400とSAMYANG35mm F2.8の組み合わせもなかなか良いね

SAMYANGの35mm F2.8をつけるとフルサイズ換算で52.5mm。50mmとほぼ同じように使えます。

SAMYANG 35mm F2.8

実際にα6400と一緒に持ち出してみましたが、かなり使いやすく感じました。

F値が2.8なのでボケは少ないけれど、SAMYANGの35mmは軽いのですがα6400との組み合わせだととても軽く感じます。

片手でも扱えるので、ノーファインダーに近い状態でスナップを撮るのも面白いです。

created by Rinker
SAMYANG(サムヤン)
¥37,383 (2019/07/01 20:57:01時点 Amazon調べ-詳細)

【追記】α6400とSAMYANG35mm F2.8で撮影

α6400とSAMYANG35mm F2.8の組み合わせで撮影してみました。あいにくの雨でしたが、ボディとレンズの軽さに助けられて傘をさしながら片手でも撮影ができました。

SONY a6400
ソニーα6400を雨の中に連れ出してみる。【作例あり】

雨が降る中α6400を連れ出してみました。 公式サイトを見ても防塵防滴なんて書いてないので、最新の注意を払いながら撮ってみました。 やっぱり、実際に撮ってみると部屋で触っているだけではわからないことも ...

続きを見る

α6400におすすめなレンズのまとめ

個人的には、APS-Cフォーマットではありますが、20mm F2.8(SEL20F28)がおすすめです。

35mm版換算で30mmでF値も2.8のレンズですが、広角っぽくも標準レンズっぽくも使える便利な単焦点です。

コンパクトなパンケーキレンズなので、α6400ともマッチします。これは本当におすすめ!

これのフルサイズ用があればよかったのに!って思います。高くなりそうだけど…。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-カメラ, レンズ
-, ,

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.