BridgeBook.JP

デジタルガジェットとApple・カメラ・写真のある暮らし。

iPad

iPad Pro 10.5インチとスマートキーボードの組み合わせがワークスタイルを変える!

投稿日:2017年7月7日 更新日:

iPad Pro 10.5 + スマートキーボード

iPad Pro 10.5インチを入手しました。256GB。我が家にあるiPadはiPad2、iPad mini2、iPad Air2なので久々に買ったiPadです。

WiFi + セルラーモデル(ソフトバンク)です。iPhoneでギガモンスターの20GBを契約をしているので、シェアして使うことにしました。毎月なんだかんだ言って繰り越していますからね。

セルラーモデルにすることで、いちいちテザリングする面倒から解放されるし、GPSが使えるというのも魅力です。ずっと割で3年の縛りを受けるのはちょっとなと思い悩みましたが、2年の更新のタイミングで残金を払って買い取る計画です。

アップルストア銀座で本体は購入したのですが、キーボードは量販店でポイントを貯めようとして大失敗。有楽町→秋葉原→新宿→池袋と途中から意地になってビッカメ巡礼したもののどこも在庫なしで、翌日銀座に戻って購入しました。

ポイントのために時間を無駄にしてしまった…。アホくさ!

iPad Pro 10.5の滑らかな動きに驚く。

購入前に量販店で触った時に驚いたのは、何と言っても動きの滑らかさ。

手元にあるiPad mini2やiPad Air2の挙動に今まで不満を感じたことなんてなかったのですが、iPad Proを触ってみると滑らかさの違いに驚きます。特にiPad mini2との違いは歴然ですね。

まぁ、何世代かあけたこともあってCPUなどのスペックアップを感じるというのもありますが、それにしても滑らかです。

軽さも正義。

速さは正義だと僕は常々思っているのですが、それに加えて軽さも正義です。特に夏はね…。

バックパックにがっつり荷物を詰めて持ち歩くのはきついので、装備をいかに軽くできるのかって考えるとiPadとスマートキーボードの組み合わせは素晴らしい。

10.5インチのWI-Fi + セルラーモデルが477g。スマートキーボードの公式なデータは見つからなかったけれど、計った人のブログを見たら224g程度らしい。

両方合わせても700gくらいということですね。

MacBookが920gで軽いと思っていたけれど、さらに軽いということになります。

たかが200gかもしれないけれど、軽いというのは素晴らしいことです。

スマートキーボードがあればだいたいのことができてしまう。

スマートキーボード

今までもiPad Air2と純正のワイヤレスキーボードを持ち歩いたりもしたことはあるのですが、なんかスマートじゃないというか。

正直なところ、あえてiPadとキーボードを持ち歩く意味を感じなかったんですよね。iPadとワイヤレスキーボードを持ち歩くとまぁまぁな重さだし、だったらMacを持ち歩いた方が作業しやすいですしね。

でも、今回スマートキーボードを使ってみて、ああ、これをiPadと一緒に持ち歩くのはアリだなと感じています。持ち歩くというかカバーですけど…。

外出先での作業はほとんどの場合メールを含めたテキスト打ちやWEBサイトのブラウズです。あとはタスク管理やオフィス系ドキュメントの確認やプロジェクトのコミュニケーションとか。

よく使うのは、

  • 2DO(タスク管理)
  • Evernote(情報・ドキュメント管理)
  • Chrome(ブラウザ)
  • Gmail(メール)
  • Newsify(RSS購読)
  • Slack(チャット)
  • Backlog(プロジェクト管理)
  • Messenger(チャット)
  • メモ(情報管理)
  • カレンダー(スケジュール管理)
  • Keynote(プレゼン)
  • Excel(スプレッドシート)
  • PowerPoint(プレゼン)

あたりかな。

どれも定番中の定番ですが、MacやPC、他のデバイスとの連携を前提にアプリを選んで使っています。

スペックの高いデバイスなので、画像加工や動画の編集なんかも、いざとなったらできるという安心感があるのは大きいですね。

実際にiPadとスマートキーボードで何度か打ち合わせに出かけたりもしていますが、バッテリーの持ちも良く軽いので、各種WEBサービスと繋がりさえすれば、通常の打ち合わせなら十分にこなせます。

セルラーモデルであれば開けばすぐにネットにつながるという手軽さもあって、ある意味PC以上の快適さすら感じます。

スマートキーボードでの作業効率はいかに?

キーピッチやストロークは好みがあると思いますが、そこに慣れてしまえばMacライクに使えます。tabやcontrol、shift、opiton、commandキーなど、iOSでもMacと同じようなキー操作ができるので、iPadでもコピペや取り消しなどのショートカットを簡単に使うことができます。

iPadとの組み合わせは、純正のワイヤレスキーボード以外にもMSのモバイルキーボードなど、いろいろと試してきましたが、単純に文字が打てるだけじゃなくて、ショートカットが使えるというのは作業効率をあげる上ではめちゃくちゃ大事だと痛感しています。

使い始めてまだ間もないですが、価値観にちょっとした変化が起きてワークスタイルが結構変わるかな〜なんて気にもなります。

iPad Proとほぼ日weeklyと3色のFRIXION、iPhone用のモバイルバッテリーとLファストーンオイルヌメ ショルダーに詰めて出歩くのが最近のお気に入りです。

いつもバックパックにがっつりガジェットを詰め込んでいたことを考えると、こんな軽装で外を出歩くのはほんのちょっぴり心もとないんですけどね(笑)。

iPad Proの関連記事はこちら

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hachiyon

デジタルガジェットやカメラ、写真、文房具などが大好きなWEBプロデューサー。浦和レッズサポでもあります。 株式会社ブリッジ代表取締役 / 公益財団法人 画像情報教育振興協会委員(CG-ARTS協会)

-iPad
-,

Copyright© BridgeBook.JP , 2019 All Rights Reserved.